シエテの評価 習得優先度など

今回はシエテについてまとめてみます。

シエテの評価

十天衆の中での評価は

最終上限解放を加味しないなら4/5点

最終上限解放を加味するなら4.5/5点

風編成を考えるなら迷わず加入させてもいい良いくらいの性能です。


スポンサードリンク

シエテの大きな特徴

シエテの大きな特徴としては、スタメンにいるだけで味方の奥義ダメージが1.5倍になることでしょう。

置物と揶揄されてネタになることもありますが、シンプルに強い効果です。最初に入手して奥義ダメージを見た時はテンションが上がると思います。

武器が揃っていない初心者にも恩恵はあるし、最近はダメージ上限が上がり、装備が揃っている上級者でもシエテの恩恵が得られるようになりました。

得意武器が剣で今流行りのオメガ剣とも相性が良いので、スタメンから抜けることはほとんどないと思います。

Lv80の時点ではスキルが微妙

初期のシエテのもう一つの特徴としては、スキルが使いづらいという点があります。

基本的には1アビで付与される剣光を維持しつつステータスを高め、3アビで全体奥義発動可能というコンボが強いのですが、剣光は殴られると消えますし、毎ターンアビポチしないと維持できないというデメリットが大きいです。

3アビもクールが長すぎて1戦闘に1回くらいしか使えません。

1アビのエフェクトも微妙にもったりしていて毎ターン使用していると戦闘のテンポがとても悪くなります。

マルチで貢献度争いをしている時は剣光は使えないものと思ったほうがいいですね。

慣れてくると全然使わないと思います。その間に通常攻撃したほうが速いので。

最終上限解放でスキルが使いやすくなった

十天衆の最終上限解放のハードルは高いですが、シエテのスキルが使いやすくなるのはメリットですね。

奥義にも幻影が付くようになりましたし、剣光も上がりやすくなりました。2アビも単なるダメージスキルだったのが、味方の奥義ゲージ上昇も付与されました。

初期のシエテだとスキルが微妙だったので、このあたりが改善されたのは良いですね。他の十天衆とくらべてみると最終上限解放を優先させるかどうかは微妙なところですが、候補には入れても良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク