ニオ加入させてみたら、加入時点でも普通に強かった…

前回の記事の続きです。

どの十天衆を最終上限解放するか真剣に悩んでみた。

2018.07.19

いろんな条件を照らし合わせてみた結果、最終ニオが一番良さそうだという結論に至りました。

私はニオは加入すらしてなかったのでとりあえずヒヒイロカネを1つ使って加入させました。

正直、ニオのスペックをなめてました。

私がグラブルを始めた頃は十天衆はシエテ一強時代で、ピンポイントでニオを取る人ってそんなにいなかったんですね。

途中でニオが修正されて、ニオを絶賛する人が増えてきて、最終上限解放によってさらにめちゃ強になったのは知ってましたが、加入時点でここまで強いのは知らんかった。というわけで以下に強いと感じた点を書いてみます。

ニオの強い点

昏睡が強い。しかも自己専用デバフである

ニオと言えば【昏睡】ですが、やはり一番に説明したくなるほど強いです。

1アビを使うと敵に【昏睡】という特有のデバフを付与できます。

昏睡は最大で6ターン持続し、こちらの攻撃によってランダムに解除される仕組みですが、昏睡中は敵が行動不能になります。

しかも昏睡中は与ダメがUPします。

この時点で十分強いですが、自己専用デバフっていうところが最強ですね。持ってない人はそれだけで貢献度争いが不利に。

火力系のバフが充実している

2アビでは味方の攻防とDA率をUPさせることができます。

今の環境だと、DAだけか~TAは上がらないから時代遅れかな?となるかもしれませんが、使ってみると十分高性能であることがわかります。DAは加入の時点では40%、攻防は20%UPです。

このバフは同じ風のSSRであるコルワと比べられることが多いです。

加入の段階ではコルワの最大レベルのバフ能力には劣りますが、コルワはバフがかかるまで数ターンを要するのに対し、ニオは1ターン目からそれなりのバフをかけることが可能なところがメリットです。

ちなみに最終するとこのバフがパワーアップしてコルワの最大レベルのバフと同等になります。わざわざコルワを入れる機会はないでしょう。

スポンサーリンク

今のグラブルの環境とマッチしている

他にもニオの利点はいくつかありますが、一言で言い切ると今のグラブルのコンテンツととても相性が良いから強いんだ、ということです。

今のグラブルの風パは、グリームニル琴とティア銃を揃えて、渾身+背水で火力を維持するのがメインになっています。

また、マグナ2HLの貢献度争いが激しく、1ターン目から最大火力を出せないとお話になりません。

ニオは昏睡や奥義効果の魅了で敵の動きを封じ、渾身を維持しながら、2アビで最初から高火力を出すことが可能です。

また、ここからは最終上限解放してからになりますが、味方への土被ダメージも軽減し始めます。

風は火力が上がってくるまでが遅く、HPが下がってきて背水が効いてきたはいいもののワンパンで落ちるとかいう扱いづらい属性でもありましたが、新武器とニオのおかげでその弱点が克服できました。

また、ブローディアHLと相性も良いですね。

ブローディアは特殊技によって1ターン攻撃が通りづらくなるバフをかけたり、火力が高いのでまともに戦っているとすごく戦いづらいのですが、ニオの昏睡によって敵が動かなくなるのでかなり戦いやすくなります。

貢献度で上位を取るならほぼ必須と言えるでしょう。

 

以上が【加入時点】のニオの強さです。

最終上限解放が完了したらまた追加で書き込みたいと思います。

スポンサードリンク