9/6.21時までダンシング・アベンジャー

エリュシオンの評価とおすすめアビリティについて【2019年版】

今回はクラス4ジョブであるエリュシオンについてまとめてみたいと思います。

エリュシオンの習得方法

  • いずれかの英雄武器を属性変更まで強化する。
  • クエスト【受け継がれる意思】をスーパースターでクリアする。(称号【究竟の吟遊詩人】を入手。)
  • ジョブポイント2500と吟遊詩人の証を使って習得。

エリュシオンのスペック

※2019年6月現在での環境です。

エリュシオン
クエスト周回性能
(3.0)
マルチでのDPS
(2.5)
長期戦性能
(4.0)
マルチでの需要
(2.0)
総合評価
(3.0)

エリュシオンはアビリティをたくさん使って与ダメージを高めるタイプなので、基本的に短期戦での火力やクエスト周回にはあまり向いていません。(アビポチがロスになる)

その代わり安定した火力を維持できるので、じっくり腰を据えて戦うような敵とは相性がいいです。武器によっては回復も同時に行うことができます。

マルチでの需要は今はほぼ無いに等しいです。以前はデバフ枠として需要がありましたが、最近では敵が強くなってエリュシオンを入れる余裕がなくなりました。高難易度HLで使えると書いてある記事もあるかも知れませんが、数年前の話なので参考になさらぬように。今はプロバハHLで麻痺役を務める時くらいです。

エリュシオンの特徴

味方全体の連撃確率を大幅に上げる

エリュシオンは味方全体の連撃確率を大幅に上げることができます。グラブルでは連撃確率の高さが与ダメージの高さに直結しますが、専用の武器やキャラを集めるのは困難です。初心者のうちは、エリュシオンあのアビリティで補うのが有効です。

味方全体の弱体成功率を高める

味方全体の弱体成功率を高めることができます。これにより、麻痺や恐怖など成功率が低いデバフも成功しやすくなります。

マルチの参戦人数が増えるほど攻防UP

エリュシオンはマルチでの参戦人数が増えるほど攻防がUPしていきます。最大で6人まで(自分含む)。ソロクエよりマルチで戦ったほうが強さを感じやすいでしょう。

オススメのアビリティ

1アビ(固定)


【コンクルージョン】
参戦者の回復性能UP(累積)/自属性攻撃UP
サポアビにより、マルチバトルで参戦者の数に応じて攻防バフを付与します。
1人5%で上限は30%。6人目まで有効です。

固定の1アビ。

攻防UPは別枠なので見たらすぐ分かるほど火力が底上げされると思います。デメリットもないので基本的にクールごとに使うアビリティ。

DPS重視型


コール・オブ・アビス
味方全体の連続攻撃確率UP(DA80%/TA30%)。
デメリットとして味方全体の奥義上昇量DOWNが付いてしまう。

クリアオール
コール・オブ・アビスの奥義上昇量DOWNを消去するために使う。

ソング・トゥ・ザ・デッド
敵全体の防御DOWN:15%(両面枠)/自属性耐性DOWN:20%。
ソロクエでデバフが足りない時に使う。

定番の構成です。

基本的にはコンクルージョンで攻防UPし、コール・オブ・アビスで連撃確率を高め、デメリットを消すためにクリアオールして戦っていくという戦法です。

装備が揃っていなくても安定した連撃確率を維持できます。

キャラで防御デバフが補えない場合は、主人公がデバフを担当します。ソング・トゥ・ザ・デッドだけでは防御が下限に到達できない場合はクリアオールを外してミゼラブルミストやアマブレを入れましょう。

ソング・トゥ・ザ・デッドはアイコンがアマブレっぽいのでややこしいですが両面+属性枠です。ただし攻撃DOWNは付いていません。

デバフ型


ソウルピルファー
敵全体の弱体耐性DOWN/味方全体の弱体耐性UP
デバフ役になる時はデバフ成功率を高めるためピルファーを持っていこう。
その他 召喚石のトールや、ソーンのディプラヴィティがあると便利。

主にプロバハHLでの麻痺役や、古戦場の団員支援などで使う型。

基本的には十天衆のソーンで麻痺させる目的で使用します。ソーンや、パーシヴァルなど恐怖持ちキャラ、最終上限解放カトル(喪失)を持っていないとあまり意味はないので注意。

かなり局所的な使用用途です。初心者のうちに使うことはほぼ無いパターンでしょう。

エリュシオンでオススメのメイン武器

エリュシオンは楽器を装備するとアビリティの性能がUP

エリュシオンは短剣と楽器を装備可能ですが、楽器を装備すると性能UPするアビリティが多いため、基本的にメイン武器の候補は楽器のみです。

ただ、例外として四天刃をメインに持って戦う戦法もあるようです。管理人は試したことがないため今回は割愛し、楽器のみ紹介します。


九界琴
(属性は任意)
古戦場で入手。
奥義効果に味方全体のHP回復効果が付いている。
コンクルージョンの回復性能UP効果と相性が良い。
任意の属性に変更できる。

ダンテ・アリギエーリ
ゼノ・コキュートス撃滅戦で入手。
奥義効果で弱体成功率UPとストレングスが付与できるので、エリュシオンのメイン武器としては最適。

真・裁考天の鳴弦
ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手。
一応HP回復効果が付いていますが微々たるものです。
どちらかというと活性効果のほうが嬉しい。

麒麟弦
黒麒麟のクエストで入手。
奥義効果に参戦者全体をクリアオールする効果が付いているので、クリアオールを積まなくてもコール・オブ・アビスのデメリットを消すことが可能。