現在サイトの工事を行ってます。レイアウトが崩れていたらすみません。徐々に直していきます。

リミテッドリーシャちゃんねる

召喚石

オススメのサブ召喚石【2018年夏版】

更新日:

オススメのサブ召喚石をまとめてみました。

サブ加護効果について

サブ召喚石の紹介に入る前に、サブ加護効果について説明しておきます。

1年ほど前からグラブルではサブ加護効果を持つ召喚石が排出されるようになりました。


こんな感じで召喚石詳細欄に記載があります。

サブに装備している時に自動で発動するパッシブスキルのようなものです。編成しておくだけでかなりお得な石。

効果がいいものは積極的にオススメしていきます。

以下、各属性別にサブ召喚石紹介。

スポンサードリンク

火属性

シヴァ


【ジェネシスシリーズ】※属性120石と言われるシリーズ

サプチケ不可/再召喚不可

1回限り、味方全体の攻撃力を大幅に上げ、通常攻撃や奥義の上限を引き上げます。

とても強いので貢献度は高いですが、火属性以外の編成のサブに入れた場合、召喚可能ターンが12ターン後なのがデメリットです。

どちらかというとサブに入れるよりフレ石に設定することが多い石。

アテナ


サプチケ可/再召喚可能

全属性のダメージを30%カットする石。

火力的な貢献はなく、高難易度マルチのダメージカット用として使用されます。カット率は低倍率ですがファランクスの70%カットと共存でき、うまく噛み合うのがメリット。

同じような役割を持つ石としてゴッドガード・ブローディアや、カーバンクル系の石が挙げられれますが、ブローディアは再召喚不可・カーバンクル系は1つの属性しか対応できないのである程度棲み分けができています。

プロメテウス


【エピックシリーズ】※高級鞄と呼ばれるシリーズ。

サプチケ可/再召喚可能

自属性の攻撃力をUPしながら、弱点属性の属性耐性をUPさせる、攻守に優れた石。

無凸時の倍率は低いですが、4凸すると火力は70%、守りは60%となりとても高倍率。

サプチケも可、スターレジェンドガチャでも対象になりやすく、比較的集まりやすい石です。

ザ・サン


【アーカルムの転世限定石】

サブ加護効果が、火属性のキャラが風属性の敵に対しての与ダメ3→5→7→10%UP。(SR石からスタート。強化段階で倍率が上がっていく。

<与ダメUP>という書き方をしてありますが、天司武器と同じ計算式で上限後に乗算されるため、実質上限UPとしての効果があります。

召喚効果が、1、2番目に配置されたキャラが2回行動を行うというもの。

とても強いのですが、アーカルム石はSR段階から始まり、多くの貴重な素材を消費し、かつSSR時に金剛晶を使うので、最終上限解放までのハードルは高いです。

水属性

カーオン


プロメテウスと同じ性能なので説明は割愛。

ザ・ムーン


【アーカルムの転世限定石】

サブ加護効果が、水属性のキャラが火属性の敵に対しての与ダメ3→5→7→10%UP。(SR石からスタート。強化段階で倍率が上がっていく

ザ・サンと同じで実質ダメージ上限UP石として使えます。

召喚効果は5ターンの間、味方の攻撃力を上げていく。(1ターン4%ずつ)

ヴァルナ編成では攻撃力UPの恩恵が低め。

土属性

ウリエル


【天司シリーズ】

サプチケ不可/再召喚不可

土属性のダメージ上限5%(3凸で10%)UPというサブ加護効果がついています。上級者になればなるほど旨味の出る石。

召喚効果も味方の攻防UP(特大)/奥義ゲージ30%ということでかなりいいですね。

ゴッドガード・ブローディア

【ジェネシスシリーズ】

サプチケ不可/再召喚不可

1回限りですが無凸で属性ダメージを70%、3凸で100%カットしてくれます。

痛いHPトリガーを踏む時に使う用ですね。強いボスと戦う時はとりあえず入れていくと何かと役に立ちます。

ザ・ハングドマン


【アーカルムの転世限定石】

サブ加護効果が、土属性のキャラが水属性の敵に対しての与ダメ3→5→7→10%UP。(SR石からスタート。強化段階で倍率が上がっていく

ザ・サンと同じで実質ダメージ上限UP石として使えます。

召喚効果は味方全体にクリア&ランダムで強化バフ付与。バアルとユグ4凸を組み合わせたような効果。

最終上限解放をするとバフ内容の中にマウントやダメージ上限UPなどが加わるのでかなり強力。しかし最終上限解放に至るまでには茨の道。

ギルガメッシュ


プロメテウスと同じ。

風属性

グリームニル


【ジェネシスシリーズ】

サプチケ不可/再召喚不可

味方に1万のバリアを貼ります。また、3回に渡って偶数回のターンに追撃してくれます。

ブローディアのような属性カット石と比べると、1ターンだけでなくそこそこのターンの間味方を守ることができるのがメリットです。

あまり現実的ではないですが、何枚もサブに編成すればほぼ疑似無敵編成を組むことも可能。あればあるほど嬉しい石。

フレイ


サプチケ可/再召喚不可

召喚効果が、味方全体の攻撃性能UP/防御UP/奥義ダメージUP/チェインバーストUP/弱体成功率UPというバフもりもりな石。さらに、3凸でマウント効果も付きます。

効果が2ターン続くのでカトルで延長可能です。

単なるバフ用として使うのもいいですが、恐怖や昏睡持ちのキャラと併用して弱体成功率を高めるのもアリですね。サプチケで取れる石としてはかなり優秀な石かと思います。

ラファエル


【天司シリーズ】

サプチケ不可/再召喚不可

サブ加護効果は風のダメージ上限5%(3凸で10%)UP。風は背水で上限行きやすいのでコレは嬉しい。

召喚効果は味方に幻影。ティアマトと役割がかぶっていますがサブ加護効果だけでも普通に編成に入ってくると思います。

ティアマト・マグナ


【マグナシリーズ】

4凸したものに限りますが、味方全体に幻影が付くので、入れる石がなかったらとりあえず入れておいても良い石です。

ガルーダもほぼ同じ効果なのでそっちでもOK。

ジャッジメント

【アーカルムの転世限定石】

サブ加護効果が、風属性のキャラが土属性の敵に対しての与ダメ3→5→7→10%UP。(SR石からスタート。強化段階で倍率が上がっていく

ザ・サンと同じで実質ダメージ上限UP石として使えます。

召喚効果は味方単体を復活。(対象はランダム)。ただし復活した味方に【審判】というデバフ効果を付与します。

審判は2(3)ターン後に再度戦闘不能になる効果です。

バイヴカハ


プロメテウスと同じ。

光属性

ルシフェル


【プロヴィデンスシリーズ】

サプチケ不可/再召喚可

プロヴィデンスシリーズは現状ルシフェルとバハムートの2つしかありませんが、これらの特徴は4凸すると攻撃力のステータスが4000を超える点です。

基本的に4凸召喚石の攻撃力はせいぜい2000~3000程度だったのでこれは破格の数字。ステータスだけでもサブ編成に入れるレベルです。

また、ルシフェルは4凸後の召喚効果に味方全体のHPを3000回復が追加されます。現状は全属性において渾身(HPが高くなるほど火力が上がる効果)スキル編成が流行っているので、時代に合っていてとても有用な石。

サブ編成に迷ったらとりあえず4凸ルシフェルを入れておきましょう。

トール


サプチケ可/再召喚不可

ゼウスとそっくりだけど別人だよ!

敵の弱体耐性を20%下げ、攻防40%をダウンさせ、連撃率を下げます。3凸するとディスペル効果が追加されます。

基本的に弱体耐性ダウンの部分で採用されることが多い石です。主人公のジョブアビリティであるソウルピルファーの効果と重ねがけできます。

麻痺役である十天衆のソーンと相性が良いです。麻痺を入れる前にはぜひ使っておきたいところ。

また、デバフ成功率の高さからアルバハHLでは必須石とされています。主に形態変化の時にデバフが全消去されてしまいますが、トールを使うと安定して立て直しができます。

ヘクトル


プロメテウスと同じ。

ハールート・マールート


【天司シリーズ】

サプチケ不可/再召喚不可

サブ加護効果にダブルアタック率5%(3凸で10%)がついています。パット見地味ですが連撃が確保しづらいマグナ編成でとても有用です。

召喚効果は少しわかりにくいですが、敵の攻防ダウンと永遠の責め苦効果(効果は自分のみ。)です。

永遠の責め苦とは、敵に上限10万の毎ターンDOTダメージと、味方の攻撃1回に付き(DAは2回扱い)に上限1万の追加ダメージが乗るようになります。

こちらも若干地味ですが長期戦になればなるほど効果を発揮しますね。

ザ・スター


【アーカルムの転世限定石】

サブ加護効果が、光属性のキャラが闇属性の敵に対しての与ダメ3→5→7→10%UP。(SR石からスタート。強化段階で倍率が上がっていく

ザ・サンと同じで実質ダメージ上限UP石として使えます。

召喚効果は味方に<天来>効果。天来はTA率が20%UPする代わりに被ダメが2倍になります。デメリットの割にメリットがショボい気がする。

闇属性

バハムート


【プロヴィデンスシリーズ】

サプチケ不可/再召喚可

詳しくはルシフェルの項を参照のこと。ステータス要員です。

4凸すると召喚効果に奥義ダメージUP(80%)が付与されますが、現状の闇編成と噛み合ってないのがネックですね。現状だと何もしなくても奥義ダメージ上限に届くのが当たり前になりました。

せめて奥義ダメージ上限10%とかがついてたらまだ使いみちはあったと思います。

とはいえステータスが良いのでそれだけで編成の余地有り。

テュポーン


サプチケ可/再召喚不可

召喚効果は敵のチャージターンのリセットです。4凸すると味方全体の奥義ゲージを100%UPします。

4凸時の追加効果は良かったと思いますが、召喚可能ターンが9ターン後(闇なら6ターン後)なので若干遅めなのが気になりますね。

アルバハHLでも必要なくなりましたし、けっこう微妙な立ち位置になったかもしれません。

あるとそれなりに便利ですが、他のサブ石と比べたり、金剛の使用を考えたりするとう~ん…となるレベルの石。

デス


【アーカルムの転世限定石】

サブ加護効果が、闇属性のキャラが光属性の敵に対しての与ダメ3→5→7→10%UP。(SR石からスタート。強化段階で倍率が上がっていく

ザ・サンと同じで実質ダメージ上限UP石として使えます。

召喚効果は主人公とルリア以外の味方一人を戦闘不能にし、3ターンの間味方のTA率をほぼ確定レベルにまで上げる。

効果自体は他属性なら使えたかもしれませんが、ケル銃やオルタナでTAが確保しやすい闇属性と考えるとメリット部分が微妙ですね。

アヌビス


プロメテウスと同じ。

スポンサードリンク

-召喚石

Copyright© リミテッドリーシャちゃんねる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.